0123456789@
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ





編集 | 差分 | 新規作成 | RSS | 更新履歴 | FrontPage | WikiTop | ホーム |


座標系coordinate system

ざひょうけい,coordinate system
星の位置を表わす座標系には次のようなものがある。
<dl>
<dt>(1)地平座標
<dd>基準面として、地平面を考えたもので、方位角(A-azimuth,0?360度)と高度(h-height,-90?90度)であらわす。高度の代わりに天頂距離(z-zenith distance,0?180度)を使用する場合もある。

<dt>(2)赤道座標
<dd>基準面として赤道面(equator plane)を取ったもので赤経(right ascension,記号α,0?24h)と赤緯(declination,記号δ,-90?+90度)で表す。赤経の代わりに時角(hour angle,記号t,0?24h)を使用することもある。

<dt>(3)黄道座標
<dd>基準面として黄道面(ecliptic plane)を取ったものでを黄経(celestial longtitude,記号λ,0?360度)と黄緯(celestial latitude,記号β,-90?+90度)で表す。ホロスコープは天体の黄経にもとづきチャートを作成する。

<dt>(4)観測点の緯度・経度について
<dd>天球上の値ではないが、天体位置の計算をする上では、観測点の緯度(latitude,記号φ,南緯90?北緯90度)と経度(longtitude,西経180?東経180)も常に関わってくる。
</dl>

  座標系について詳しいことは座標系について外部リンクの箇所を参照のこと。


【コメント】
あなたの名前: