0123456789@
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ





編集 | 差分 | 新規作成 | RSS | 更新履歴 | FrontPage | WikiTop | ホーム |


用語解説

目次

用語

アナフォラ(anaphora)
2室のこと。まだ地下にあってこれから地平線に上昇しようとしている室を意味している。

カタフォラ(cataphora)
12室のこと。すでに地平線から上に上昇してしまった室を意味している。

室(house)の3区分
室(house)を3種類の区分で呼ぶことがある。アンギュラー(anglar)、サクシーデント(succedent)、ケーデント(cadent)の3つである。第1、7室は東の地平線と西の地平線の軸、第4、10室は天底と天頂の軸をそれぞれ構成しており、三区分の最初に位置する。サクシーデントはsucceedと同系の言葉で、アングルに続くの意味だろう。ケーデントは下降の意である。アンギュラーの室をアングル(angle)と呼ぶことがある。

アングル(angle)
→アンギュラー

アンギュラー(anglar)
室(house)の3区分の1つ。第1、4、7、10室をこう呼ぶ。

サクシーデント(succedent)
室(house)の3区分の1つ。第2、5、8、11室をこう呼ぶ。

ケーデント(cadent)
室(house)の3区分の1つ。第3、6、9、12室をこう呼ぶ。

グレート・コンジャンクション(great conjunction)
トランジットの木星と土星の会合。

サウス・ノード(South Node)
→ドラゴンテール。(CAプロジェクトでは現在のところドラゴンテールに置き直している。変更の可能性有り。)

ドラゴンテール
月の軌道である白道と太陽の軌道である黄道の交点の内、南側の一つ。

(以降の解説はここに書いて下さい。)

今のところ意味が良くわかってない用語リストです。

以下は2005/10/23にコメントを反映させました。

  • anaphora 何か下品な言葉らしいです。
  • cataphora 何か下品な言葉らしいです。
  • Ptolomeian doctrine
  • cadent,succeedent,(多分もう一つあると思います。) 明確な日本語希望(2005/10/09)
  • great conjunction 正しい訳語と正しい意味希望(2005/10/13)

訳についての疑問(2006/01/18)

7-1-6のfigureですが、内容から室(house)と室(house)の境界線のようですが、見当と訳してみました。どうでしょう?

7-1-3:(2005/10/30)

  • curiosity(2006/01/15)
  • accident(2006/01/15)
  • shall not want sufficient grounds(2006/01/15)

7-133:several other divisions of the houses:どう訳すと良いでしょう?これはハウス分割法を言っているのでしょうか?(2005/10/23)

Masao Tateishiさんの指摘を受けて、以下と訳してみることにしました。

7-56:and the North Angle 北のアンギュラー室再度訂正して「北のアングル」

7-83:the Angle of the West 西のアンギュラー室再度訂正して「西のアングル」

7-59:ale-house 栗丸さんからの「alehouse(ビヤホール・居酒屋)ですー。居酒屋って昔、酒樽がどーんと置いてあったのかと。」からビヤホールを取りました。ale-houseの次にtavernsが来ていて、これも居酒屋のようですから。(2005/10/12)

以下は栗丸さんのお陰で疑問が解消されました。

7-66:untoward(2005/10/13)

7-72:the inferior part of the belly(2005/10/13)

7-83:the haunches, and the navel to the buttocks(2005/10/13)

7-97:the fundament, the hips and thighs(2005/10/13)

7-112:not much joy in his profession, trade or mystery, if a mechanic(2005/10/13)


ちょっとした疑問

  • JOYを喜星と訳すのはどうでしょう?
  • JOY(2005/10/09)
  • masculine(2005/10/14) とりあえず、男性格、女性格を採用しました。

以下は当面「室(house)」で逃げることにします。(2005/10/14)

  • house
  • house


【コメント】
  • 2005-10-05 (Wed) 18:53:18 Lumi : angular,succedent,cadentはあまり日本語訳を見たことないですね。カタカナで記述している人が多いようです。angularは軸、succedentはその次、cadentは終わりって感覚だと思いますが、どうしましょうね。
  • 2005-10-05 (Wed) 19:49:35 北斗柄 : Lumiさんの仕事を増やして申し訳ないのですが、わかってない用語リストの更新記録をのこしたいので、消し線のサポートを御願いします。
  • 2005-10-05 (Wed) 20:00:21 北斗柄 : JOYを喜星と訳すのはどうかな?
  • 2005-10-05 (Wed) 20:06:12 zoroaster : 無理に「室」と訳すよりそのまま、第○ハウスとしてしまった方がしっくり
  • 2005-10-08 (Sat) 21:24:20 北斗柄 : angularの訳語として基軸宮はありかな?
  • 2005-10-08 (Sat) 21:26:26 北斗柄 : 孟仲季とかいってみたくなったりして
  • 2005-10-09 (Sun) 05:49:34 Lumi : 消線と下線をサポートしました。=2個で消線,=3個で下線です。例はSandBox参照で。
  • 2005-10-09 (Sun) 06:06:36 Lumi : 「宮」というのはsignの訳語として「入宮」「金牛宮」などのように使うのでhouseの方で使うのは良くないと思います。houseの日本語としてはやはり「室」が定着していると思います。
  • 2005-10-09 (Sun) 10:04:40 北斗柄 : 消線のサポートありがとうございます。
  • で、細かい話ですけど、masculine と feminine て sign と house で共通して使われていると思うんですけど、house の場合は「男性室」とか訳語変えた方がいいんでしょうか?
  • 2005-10-09 (Sun) 10:12:08 北斗柄 : 中国占術に漬かってるせいか、house と sign の両方とも「宮」といってしまうんですよね。
  • 2005-10-12 (Wed) 12:37:23 栗丸 : alehouse(ビヤホール・居酒屋)ですー。居酒屋って昔、酒樽がどーんと置いてあったのかと。
  • 2005-10-12 (Wed) 13:36:51 北斗柄 : 栗丸さん、ありがとうございます。

  • 2005-10-12 (Wed) 22:49:23 栗丸 :
  • 「訳についての疑問」に関し、他の部分も手元の辞書(ジーニアス英和大辞典)から参考までに。

★7-66: it's wholly unfortunate by Mars or Saturn, and they therein show disobedient children and untoward.
「untoward」 は古語だと「ガンコな、片意地な、手に負えない」となっているので、「火星と土星がここにあると、手に負えない反抗的な子供を示す」か。

★7-72: the inferior part of the belly は「下腹部」かと。続いて「腸」が出てくるので。

7-72: It ruleth the inferior part of the belly, and intestines even to the arse: だと、「下腹部、腸から尻までを支配する」かな。

★7-83: It ruleth the haunches, and the navel to the buttocks; and is called the Angle of the West; and is masculine.

haunchesが「臀部」だとして。navelを「へそ(中心)」、buttockは「腰をかけると椅子の触れる部分で、hipに対して尻の肉の方全部を指す(前述の辞典)」なので、ここでは「臀部、へそからお尻(の肉)までを支配する」か。

★7-97: Of man's body it ruleth the fundament, the hips and thighs.
「fundament」もお尻(や肛門)の意味ですね。「hip」の方が「腰、腰周り、尻(臀部だけでなく、腰の左右に張り出した部分の片方を指し、両側を合わせて言う場合にはhipsとなる)」とあるので、ここでの「hip」は腰、腰周りの意味ではないかと。だとすると「人間の身体では、お尻、腰周りと太腿を支配する」でしょうか。

整理すると、人体に対応する室の部位は、
6室が下腹部(お腹の中身の方)、7室がお腹からお尻(の両側の肉)にかけての身体の表面側、8室が生殖器、泌尿器、肛門、膀胱、9室が左右の腰まわりから(両方の太腿の付け根ということでのfundament 土台でもあるのかな?)太腿にかけて、かもです。

★7-112:Saturn or South Node usually deny honour, as to persons of quality, or but little esteem in the world to a vulgar person, not much joy in his profession, trade or mystery, if a mechanic.

手元の辞書でtrade は「(主に手を使う)職業、仕事」、mystery は「古語:(熟練を要する)職業、手仕事、手工芸」という意味もありました。

「通常、土星やサウスノードは、人柄に関する名誉を否定する。つまり、機械工であれば、熟練を要する手作業、そういう自分の職業に喜びを見出せない粗野な人物が世間から評価されることはめったにない」というような意味合いになるのでしょうか?

  • 2005-10-13 (Thu) 01:44:53 北斗柄 : 栗丸さん、ナイス!!!!
  • 2005-10-13 (Thu) 06:32:37 Masao Tateishi : 1,4,7,10ハウスは確かにアンギュラー(ハウス)なのですが、私の思い違いでなければCAではアングル・angle(s)の語が直接これらのハウスを指していると思います。現代的な定義とはズレがあります。それからangleの語自体はどうやっても「軸」の意味にはならないと思います。axisならば軸ですが。
  • 2005-10-13 (Thu) 06:33:31 Masao Tateishi : 7-112 Saturne or South Node...の部分、あまり込み入ったことは言っていないと思うのですが...
  • 「(10ハウスにある)土星やサウスノードはふつう名誉を否定することになるが、それは高貴な身分(貴族・上流階級)の場合である。庶民であれば世間から評価されないことであり、職人であれば自分の仕事に喜びを見出せないということである」くらいの文意かと...
  • 2005-10-13 (Thu) 08:02:03 栗丸 : Masao Tateishi さん、どうもありがとうございます。これで意味がよくわかりました。
  • 2005-10-13 (Thu) 11:28:11 北斗柄 : Masao Tateishiさん、ありがとうございます。とりあえず7-112は反映しておきました。
  • 2005-10-13 (Thu) 14:16:07 北斗柄 : angleについてのMasao Tateishiさんからの指摘も反映してみました。

  • 2005-10-13 (Thu) 20:33:54 Masao Tateishi : 2005-10-13 (Thu) 06:32:37の発言は確かにangleについて思ったことを書いたものですが、7-56: the North Angle、7-83: the Angle of the Westの訳(北のアンギュラー室、西のアンギュラー室)には同意しかねます。リリーの用法に従えばそれぞれ北のアングル、西のアングルであり、もし必要ならば訳文の「アングル」に対してこのページで項目を立てて注釈をつけるまでのことでしょう。付け加えれば個人的に「アンギュラー室」という言い方にはひどく違和感を覚えます。

  • 2005-10-13 (Thu) 21:41:37 栗丸 : 他の疑問点に関しても書きました。

★great conjunction 正しい訳語と正しい意味希望

一般にカタカナで「グレート・コンジャンクション」と表記します。意味はトランジットの木星と土星の会合です。

★JOYを喜星と訳すのはどうでしょう?

JOYもカタカナ表記の「ジョイ」が良いかと。「喜星」ですと自分だと「金星」を思い浮かべるかもです。

★星masculineとfeminineはsignとhouseで共通して使われていると思いますが、houseの場合は「男性室」とか訳語を変えた方が良いでしょうか?

signの場合で「男性宮&女性宮」という表記はしますが、houseの場合「男性室&女性室」という表記はしないのではと。

masculineとfeminine自体、最近は「masculine男性格&feminine 女性格」という表記を見かけますが、カタカナ表記が一般的かもです。

■日本語訳と表記

西洋占星術の用語の場合、日本語に変換するより原語をそのままカタカナ表記にするのが良いのではと。後から洋書にあたる場合にもすぐわかりやすいです。人にもよりますが自分の場合「星座宮」や「座相」「室」という日本語訳はふだんは使わずやはり「サイン」「アスペクト」「ハウス」と表記します。

あとは実際的な問題で、大量の翻訳を手分けする場合は「訳語一覧(対照表?)」が必要ですが、訳語の統一の協議は時間がかかりがちなので、まずはカタカナ表記で統一して、サクサクと先に進めていくのも手では?と思いました。

  • 2005-10-13 (Thu) 22:52:43 北斗柄 : なるほど、「格」で逃げる手もありますか。どうも中国占術に漬かっているので、漢字が好きというのもあるのです。視認性が高いというイメージがありますし。フェミニンよりは女性格の方が一目で意味が伝わるように思うのです。
  • まあでも、カタカナで逃げながら訳を進めた方がいいでしょうね。

  • 2005-10-19 (Wed) 16:01:45 栗丸 :

北斗柄さん、こんにちは。詳しい方からのコメントがあると良いのですが、また自分のわかる範囲で。

★anaphora(前方照応)、cataphora(後方照応)
    ↑
手元の辞書の(ジーニアス英和大辞典)訳です。(これは何語なのでしょうか)
アングルのハウスを基準に考えて、サクシーデントのハウスがanaphora(前方照応)、ケーデントのハウスがcataphora(後方照応)になります。サインとハウスを一致させるなら、例えば1ハウスが牡羊サインだった場合、12ハウの魚サインはcataphora(後方照応)で、2ハウスの牡牛はanaphora(前方照応)になるからと聞いた覚えがあります。天体がサインを運行して進む順で考えるとなるほどと思いました。この辺り、お詳しい方にお話をおうかがいしたい部分です。

ちなみにvulgarly sometimes called cataphoraは、『ケーデントハウスのことを「vulgarly :俗に、一般に、世間」では「cataphora(後方照応)」と言う』という感じかもです。

★Ptolomeian doctrine

プトレマイオス(トレミー)の理論、つまり著書の「テトラビブロス」に書かれた理論を指すのではと思います。

★7-133:several other divisions of the houses:どう訳すと良いでしょう?これはハウス分割法を言っているのでしょうか?

ここの章の内容は、ハウスに割り当てられた事象」についての解説で、ハウス分割(割り当て、区分、分類)のことで良いと思います。(この後に書いた質問は消しました)

  • 2005-10-20 (Thu) 21:35:36 Masao Tateishi : anaphora(anafora)についてはAscella版CAの注釈を参照されたく。そこに引用されているようにFirmicusのMatheseosには"rising up from the underworld"とあります。ascendantに続いて今まさに上昇しようとしている2ハウスのことです。anaはup, upwardの意、phora(phero, pherein, phore)はto carry, bearの意であると思われます(希語源)。cataphora(catafora)については同じくMatheseosのglossaryには"Point or house risen before the point or house on the Ascendant"とあり、12ハウスの呼称としてであればこれで不足はありません。Lillyが"as all Cadent Houses may be"と述べているのは、おそらくcataphora(希語源)がそもそもcata(down)+phora(to carry)であり、羅語源のcadent(=falling, going down)とほぼ同義であるからだろうと推測しています。間違っているかもしれませんのでさらに詳しい!
 かたの意見をお待ちします。

なお、辞書に掲載されているanaphora, cataphoraの用法は、(1)修辞学用語(2)文法学用語(3)東方教会用語(4)医学用語くらいだろうと思います。栗丸さんのお書きになった「前方照応」「後方照応」は先方・後続の語句を代名詞等によって代用する意の文法学用語であって、占星術用語へそのまま借用することは難しいと思います。また、それらの訳語のニュアンスでは人によってはdexter, sinisterと混同する恐れがないでしょうか。妄言多謝。

  • 2005-10-21 (Fri) 00:38:16 栗丸 :

Masao Tateishi さん、こんばんは。お書きいただいた語意や語源等、自分の知りたかった事でした。感謝です。(Ascella版CAの注釈、FirmicusのMatheseos確認しました)「dexter, sinisterと混同する恐れ」、確かに混同しそうです。ご指摘どうもありがとうございます。

  • 2005-10-23 (Sun) 23:53:09 北斗柄 : 御二人からのコメントを反映させてみました。問題点などあればよろしく。
  • 2005-11-24 (Thu) 19:51:52 りおす : はじめまして。私も興味がありますので参加させていただきます。

7-1-4
★curiosity:これは興味でいいと思います。ですからこの文章は、

占星術の先師達の興味と見解は、ある特定の象意をそれぞれの室に割り当てるといったものだった。だから、人に起こる出来事を12の室すべてに分類したのである。

といった感じだと思います。humaneは原書を見ると「human」となっていました。

★shall : shall not want の主語はその前にでてくる he だと思いますので、shallは話手(ウィリアムリリー)の意思か単なる未来を表すと思います。ですからこの文章は

というのは、問題がそれらの室のどれに属するかを知る者は、すべての偶然の出来事やそこにおける成功について、理知的な答えを判断しまたは与えるのに十分な背景を必要としないからである。(つまりそれだけの背景がなくても、問題がどの室に属するかを知れば、すべての偶然の出来事に対して理知的な答えが得られるということ)

という意味ではないかと思います。

★accident:「偶然の出来事」というかんじでしょうか

  • 2005-11-26 (Sat) 12:36:26 Masao Tateishi :
  • ○ RE: humane accidents
    ○ JU: humane accidents
    × AS: humane accidents
    ○ AC: human accidents
    (RE=Regulus, JU=JustUs, AS=Ascella, AC=Astrology Classics)

18世紀初頭まで"human"は"humane"と綴っていたようですので(OED)、Regulus版すなわち1647年本複写版では"humane"で問題ありません。また、JustUs版はスペリングをそのまま残すことを、Astrology Classics版は逆にモダナイズすることを巻頭に謳っていますのでそれぞれ趣旨にのっとった処置です。Deborah Houlding氏の関わったAscella版はモダナイズを謳っておきながらそれが徹底されていません。そしてこのサイトの英文は同氏との関連からAscella版に最も近い(但し同一ではない)ため"humane"の表記のままなのだと思います。スペリングのモダナイズを徹底するなら"human"であるべきでしょう。

  • 2005-11-26 (Sat) 17:24:48 Masao Tateishi : これを言い出すときりがないですし翻訳以前の問題なのですが、Deborah Houlding氏のリタイプについてはやや問題があると思っています。今回関連する部分では、たとえば句読点(punctuation)について混乱していると思われる箇所。CA p.50(プロジェクトの7-1-4:)。下にRegulus版、Ascella版、同氏サイト=このプロジェクトの使用している版を挙げます。

1. [CA Regulus p.50]
so also doe the twelve houses represent not onely the severall parts of man, but his actions, quality of life and living, and the curiosity and judgment of our Fore-fathers in Astrology, was such, as they have alotted to every house a particular signification...

2. [CA Ascella]
so also do the twelve houses represent not only the several parts of man, but his actions, quality of life and living. And the curiosity and judgement of our fore-fathers in Astrology, was such as they have allotted to every house a particular signification...

3. [CA can.ifortune.net/wiki/wiki.cgi/ca/ www.skyscript.co.uk]
so also do the twelve houses represent not only the several parts of man, but his actions, quality of life and living. And the curiosity and judgement of our fore-fathers in Astrology was such as they have allotted to every house a particular signification...

Regulus版の
"...life and living, and the curiosity..." は、

"...life and living. And the curiosity..." (Ascella版、www.skyscript.co.uk共)に分断され、

やはりRegulus版の
"...of our Fore-fathers in Astrology, was such, as they have..." は、

"...of our fore-fathers in Astrology, was such as they have..." (Ascella版)
"...of our fore-fathers in Astrology was such as they have..." (www.skyscript.co.uk)
とふたとおりにコンマが省かれています。少なくともAscella版巻頭では、疑義のある句読点の用法もオリジナルのままに残したと言っているのにこれでは困ってしまいます。

  • 2005-11-30 (Wed) 17:06:14 Masao Tateishi :
  • curiosity
    北斗柄さん、辞書に適当な意味が見つからないからといって、curiosityを「特異な天体配置」とか「イベント」などとされるのはあまりに飛躍のしすぎ、牽強付会ではありませんか。いっぽう、りおすさんのおっしゃる「興味」はそういう解釈もあるのかもしれませんが、私は文脈の上からはやや異なった見方です。この語が具体的に指しているのが"they have alotted to every house a particular signification, and so distinguished humane accidents throughout the whole twelve houses"のあたりだとすれば、「苦心の成果」ていどの意味だろうと思います。この場合私はRegulus版の文章で考えています。

want
必要とするではなく、欠く、不足するだと思います。

ground(s)
background(背景)ではありません。groundは基盤、根拠だと思います。

success
成功ではなく結末、結果だと思います。

  • 2006-01-15 (Sun) 04:56:36 北斗柄 : りおすさん、参加ありがとうございます。りおすさんと、Masao Tateishiさんのコメントをやっと反映させました。遅くなってすみません。
  • >Masao Tateishiさん
    リタイプの問題はまだまだ出てきそうなので、ある程度まとまったところでDeborah Houldingさんに連絡してみます。Deborah Houldingさんもよろこんでくれると思います。
    試訳がときにメチャメチャなのは叩き台ということで長い目で見てやって下さい。すみません。
    なお、MS-Wordの形態で公開されているCA CHAP. VIIには1室が占める部分についての記述があったので追加しておきました。叩いてやって下さい。
  • 2017-10-19 (Thu) 05:40:43 ジャガールクルト最高品質時計 : スーパーコピーブランド時計N品級激安販売-通販店

最高品質スーパーコピーブランド時計、バッグ、財布(N級品)新作最新入荷。

★100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
★商品数も大幅に増え、品質も大自信です。
★スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
★顧客は至上 誠実 信用。

当社の商品は絶対の自信が御座います。ぜひ一度ご覧 ください。送料は無料です(日本全国)

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

  • 2017-10-25 (Wed) 16:20:44 偽ブランド 通販 : 時計をご提供し、安心と信頼ができる老舗です。
  • ブランド激安セール通販専門店 消費者の皆様が;
    安心してお買い物ができる「ブランドレプリカ品激安ショッピングサイト
    ▲信用第一、高品質 安心 最低価格保証
    ★歓迎光臨★送料無料(日本全国)
  • 2017-10-27 (Fri) 04:50:38 エルメススーパーコピー : ◆ スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
  • ● SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
    ◆ 必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております.
    ● 品質を最大限本物と同等とする為に相応の材質にて製作している為です.
    ◆ 絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します.
    人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。
    全て激安特価でご提供.お願いします.
  • 2017-10-29 (Sun) 05:59:13 スーパーコピーブランド専門店 : リピートです。前回購入させていただいた時と同じく、とても迅速ていねいな対応で、すぐに届けていただけました☆
  • 商品と一緒に、納品書と手書きの気持ちのこもったお手紙が入っていました☆
    とても気持ちよくお買い物をさせていただける、信頼できるお店だと思います☆
    商品もとても良品ですので、また購入させていただきたいです!
    コーチ ショルダーバッグ♪送料無料 新品ABランク コーチ ショルダーバッグ ミニシグネチャー ソーホー スモール フラップ 6818 キャンバス スウェード レザー ピンク 新品 ワンショルダー セミショルダー ハンドバッグ 革 スエード 150305025 COACH
    可愛くてきれいな良品です☆
    新品ランクABでしたが、商品説明で掲載されていたスレなど、全然気にならないぐらいとてもきれいで、私としてはまったく使用感無いレベルです☆(笑)
    デザインもとても可愛く、内側のポケットや仕切りも使いやすい仕様なので、小ぶりなわりに使いやすさもあり、購入して良かったです!!
    姉への誕生日プレゼントに贈ったのですが、姉もとても喜んでいました☆
    本当は自分でも欲しかったぐらいです☆
  • 2018-10-07 (Sun) 11:41:57 スーパーコピーN級品バッグ財布時 : 最高品質の商品を低価格のブラン ドコピー通販

ブラン ドコピー時計
ブラン ドコピー 服
ブラン ドコピー専門店
ブラン ドコピー財布
ブラン ドコピー 国内発送
スーパーブラン ドコピー専門店
スーパーブラン ドコピー 新作
スーパーブラン ドコピー 服
スーパーブラン ドコピー時計
スーパーブラン ドコピー靴
ブラン ド コピーN級
ブラン ド コピー代引き
ブラン ド コピー財布
サングラス ブラン ドコピー
キーケース ブラン ドコピー
コピーブラン ド 時計
コピーブラン ド通販
コピーブラン ド財布
スーパーコピー
スーパーコピーブラン ド

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております

  • 2018-10-10 (Wed) 06:48:10 スーパーコピー 口コミ ブランド : 激安なヴィトンコピー通販店
  • 品質が秀逸で値段が激安なヴィトンコピー通販店
    海外安心と信頼のルイ・ヴィトンコピー
    業内最高レベルのスーパーコピーブランド
    正規品と同等品質の超人気などの商品や情報が満載!
    品質が秀逸&H44値段が激安!
    今、いろいろルイ・ヴィトン コピー2018春夏新品が続々登場します。
    爆安SALEも開催.。
    あなたの名前: