0123456789@
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ





編集 | 差分 | 新規作成 | RSS | 更新履歴 | FrontPage | WikiTop | ホーム |


CAプロジェクト

目次

始めに

2006/01/15現在、ChristianAstrologyで翻訳されているのは、7章だけです。翻訳の大多数は北斗柄(http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/)が行いましたが、KDさん(http://www.skylore.net/astrology/)とブラウン・シュガーさんからの誤訳の指摘やコメントを元に訂正してあります。

またCAプロジェクト開始後、栗丸さん、りおすさんやMasao Tateishiさんから貴重な助言を頂きました。

もとになったテキストデータは Deborah Houlding さんのサイト(http://www.skyscript.co.uk/index.html)から提供して頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

用語解説に訳してみての疑問の項目を立ててあります。誤訳の指摘などに使って下さい。

Chapter VII

7章

Of the Twelve Houses, their Nature and Signification.

12の室(house)の性質と象意

7-1-1:

As before we have said there are twelve signs, and also twelve houses of Heaven, so now we are come to relate the nature of these twelve houses;

既に語ってきたように天には12のサイン(sign)がありますが、12の室(house)もあります。

7-1-2:

the exact knowledge whereof is so requisite, that he who shall learn the nature of the planets and signs without exact judgement of the houses, is like an improvident man, that furnisheth himself with variety of household stuff, having no place wherein to bestow them.

それ(室)についての正確な知識は必須で、室(house)についての正確な見解抜きで、惑星とサイン(sign)の性質を学ぼうとする人は、まるで軽率な人物で、置く場所もないのに色々な家財道具を持とうとする人の様です。

7-1-3:

There is nothing appertaining to the life of man in this world, which in one way or other hath not relation to one of the twelve houses of Heaven, and as the twelve signs are appropriate to the particular members of man’s body;

この世界の人生で、人体の一部であるような12のサイン(sign)と関わりがあるが、天の12の室(house)のどれとも関わりが無いなどというものは一つもありません。

7-1-4:

so also do the twelve houses represent not only the several parts of man, but his actions, quality of life and living, and the curiosity and judgement of our fore-fathers in Astrology was such as they have allotted to every house a particular signification, and so distinguished humane accidents throughout the whole twelve houses,

12の室(house)は人の幾つかの部分を象徴するだけではなく、人の行動とその人の人生や生活の質をも表します。占星術の先師達の興味と見解は、ある特定の象意をそれぞれの室(house)に割り当てるといったものだでした。それで人に起こる出来事を12の室(house)すべてに分類したのです。

7-1-5:

as he that understands the Questions appertaining to each of them, shall not want sufficient grounds whereon to judge or give a rational answer upon any contingent accident, and success thereof.

というのは、問題がそれらの室のどれに属するかを知る者は、全ての偶然の出来事やその結果について、理知的な答えを判断しまたは与えるのに必要な根拠が足りないということがないからです。

Of the First House and its Signification.

1室とその象意

7-1-6:The first house, which containeth all that part of Heaven from the line where the figure one standeth, until the figure two, where the second house beginneth.

1室は天の全てを含んでいます。1室は第1の見当の線から2室が始まる第2の見当の線の直前までを占めます。

7-2:

It hath signification of the life of man, of the stature, colour, complexion, form and shape of him that propounds the Question, or is born;

質問者もしくは生まれた人の人生、背の高さ、色、顔色、身体つき、顔を現わします。

7-3:

in Eclipses and Great Conjunctions, and upon the Sun his annual ingress into Aries;

蝕やグレートコンジャンクション、その年での白羊宮への太陽の入宮が発生した時刻において、

7-4:

it signifieth the common people, or general state of that Kingdom where the figure is erected.

1室はチャートを作成した場所にある王国の一般的な状態やその国の民衆を意味します。

7-5:

And as it is the first house, it represents the head and face of man, so that if either Saturn, Mars or South Node be in this house, either at the time of a Question, or at the time of birth, you shall observe some blemish in the face, or in that member appropriate to the sign that then is upon the cusp of the house;

そしてそれが最初の室なので、この1室は人体の頭部、や顔面をあらわします。質問を受けた時刻や、出生時のチャートにおいて、1室に土星や火星、ドラゴンテールがあると、顔にいくつかの汚点?(黒子やシミ、傷)といったものを観察することになるでしょう。

7-6:

as if Aries be in the Ascendant, the mark, mole, or scar is without fail in the head or face;

例えば白羊宮が上昇宮であるとすると、間違いなく頭か顔にしるし、ほくろ、または傷跡があります。

7-7:

and if few degrees of the sign ascend, the mark is in the upper part of the head;

そして、もし上昇の度数が小さい場合には、そのしるしは頭のより上の部位にあります。

7-8:
if the middle of the sign be on the cusp, the mole, mark or scar is in the middle of the face, or near it;
もしカスプがサインの中間にあるなら、ほくろ、マーク、または傷跡が、顔の中央部かそれに近いところにあります。

7-9:

if the later degrees ascend, the face is blemished near the chin, towards the neck.

もし上昇の度数が後の方であるなら、あごの近くとか首のあたりで顔に傷があります。

7-10:

This I have found true in hundreds of examples.

これについて私(William Lilly自身のこと)は、数百の実例を見ました。

7-11:

Of colours, it hath the white;

色についていうと白です。

7-12:

that is, if a planet be in this house that hath signification of white, the complexion of the party is more pale, white or wan;

この白の象意を持つ1室に天体が回座していると、天体の象意でしめされる人の顔色はより血の気がなかったり、白かったり、青白かったりします。

7-13:

or if you enquire after the colour of the clothes of any man, if his significator be in the first house, and in a sign corresponding, the party's apparel is white or grey, or somewhat near that colour,

もし誰かの服の色を問われたとき、誰かを象徴するものが1室にありサインについても一致していた場合には、問われた服の色は色が白かグレーもしくはそれに近い色であると主張します。

7-14:

so also if the question be for cattle; when their significators are found in this house, it denotes them to be of that colour or near it:

またもし家畜について質問された場合に、家畜を象徴するものがこの1室にあれば、これは牛の色は白かそれに近いことをしめします。

7-15:

The house is masculine.

この1室は男性格です。

7-16:

The cosignificators of this house are Aries and Saturn;

この室は白羊宮と土星で象徴されます。

7-17:

for as this house is the first house, so is Aries the first sign, and Saturn the first of the planets,

何故ならこの室が最初の室で、白羊宮は最初のサインで土星も最初の星だからです。

7-18:

and therefore when Saturn is but moderately well fortified in this house, and in any benevolent aspect of Jupiter, Venus, Sun or Moon, it promises a good sober constitution of body, and usually long life:

であるので、土星がこの室で適度によく強化されていて、木星、金星、太陽または月と情け深いアスペクトを持つ場合には、身体面で良好であり通常は長命であることが約束されます:

7-19:

Mercury doth also joy in this house, because it represents the head, and he the tongue, fancy and memory:

水星はこの室のJOYでもあります。なぜなら水星は、頭や彼の舌、空想、および記憶を表しているからです。

7-20:

When he is well dignified and posited in this house, he produceth good orators:

水星がこの1室にあって品位が高い場合には、水星は良い演説者をしめします。

7-21:

It is called the Ascendant, because when the Sun commeth to the cusp of this house, he ascends, or then ariseth, and is visible in our horizon.

1室は上昇宮と呼ばれており、そのため太陽がこの1室のカスプにくると、太陽は地平線に上昇して現れ見えることになります。

Questions concerning the Second House.

2室に関連した質問

7-23:

From this house is required judgement concerning the estate or fortune of him that asks the question, of his wealth or poverty, of all movable goods, money lent, of profit or gain, loss or damage;

この2室からは、質問者の地所や富についての必要な判断、つまり、質問者が問うところのお金持ちか貧乏か、動産、お金の貸借、利益、お金の増加、損失、損害といったものを判断します。

7-24:

in suits of law, it signifies a man's friends or assistants;

訴訟では友人またはアシスタントを意味しています。

7-25:

in private duels, the querent's second;

私的な決闘においては質問者の介添人です。

7-26:

in an Eclipse or Great Conjunction, the poverty or wealth of the people;

蝕やグレートコンジャンクションが発生した時刻でのチャートにおいて2室は、人々の貧窮や富裕を表します。

7-27:

in the Sun his entrance into Aries, it represents the ammunition, allies and support the Common-wealth shall have;

太陽については、太陽が白羊宮に回座する時刻でのチャート(つまり春分図)では2室は、国家の武器弾薬や軍事同盟、援助をあらわしています。

7-28:

it imports their magazines.

また弾装を意味することもあります。

7-29:

It represents in man the neck, and hinder part of it towards the shoulders;

人体においては首や肩とそれの後ろの部分を表しています;

7-30:

of colours the green.

2室の現わす色は緑です。

7-31:

So that if one make demand concerning any thing specified above in this house, you must look for signification from hence:

上記のようなものについて必要がある場合には、2室の意義に基づいてこの室で探さなければなりません。

7-32:

It's a feminine house and Succeedent, called in some Latin authors Anaphora.

2室は女性格で、何人かのラテン語文献の作者から「まだ地下にあってこれから地上に上昇しようとしている室」(anaphora)と呼ばれ、サクシーデントです。

7-33:

It hath cosignificators Jupiter and Taurus;

2室は木星と金牛宮で象徴されます。

7-34:

for if Jupiter be placed in this house, or be lord hereof, it's an argument of an estate or fortune;

なので、木星がこの室にあるかこの宮の支配星である場合には、地所または富についての質問です。

7-35:

Sun and Mars are never well placed in this house, either of them show dispersion of substance, according to the capacity and quality of him that is either born or asks the questions.

太陽と火星はどちらも2室でよい位置が無く、太陽や火星の2室への回座は、質問者や生まれた人の能力の大きさや質にもよりますが、潜在的に拡散することを表しています。

The Third House.

3室

7-37:

Hath signification of brethren, sisters, cousins or kindred, neighbours, small journeys, or inland-journeys, oft removing from one place to another, epistles, letters, rumours, messengers:

3室は同業者、姉妹、いとこまたは親類関係、隣人、小さい旅、または内陸旅、1つの場所から別の場所への移動、書簡、手紙、噂、メッセンジャーを象意に持ちます。

7-38:

It doth rule the shoulders, arms, hands and fingers.

3室は、肩、腕、手、および指を支配します。

7-39:

Of colours, it governeth the red and yellow, or croceal or sorrel colour:

色については、赤、黄色、橙色?または栗毛の色を支配します。

7-40:

It hath cosignificators, of the signs Gemini, of the planets Mars;

3室は火星と双児宮によって象徴されます。

7-41:

which is one reason why Mars in this house unless joined with Saturn is not very unfortunate.

そのため3室の火星が土星と座相をもってないなら、あまり不運ではありません。

7-42:

It is a cadent house, and is the joy of the Moon;

3室はケーデントであり、月がJoyです。

7-43:

for if she be posited therein, especially in a moveable sign, it's an argument of much travel, trotting and trudging, or of being seldom quiet.

なので、もし月が3室にあって、しかも3室が移動の宮(カーディナル)なら、質問は多くの場合、旅行や駆け足、重い足取りでの歩き、またはほとんど静かではないことについてです。

7-44:

The house is masculine.

3室は男性格です。

The Fourth House.

4室

7-46:

Giveth judgement of fathers in general and ever of his father that enquires, or that is born;

4室では父親についての一般的な事柄や質問者や生まれた人のの父親についての事柄を判断します。

7-47:

of lands, houses, tenements, inheritances, tillage of the earth, treasures hidden, the determination or end of anything;

他には領土、家、共同住宅、継承、地上の耕作地、隠された宝物、何かを決定することもしくはその終わり、

7-48:

towns, cities or castles, besieged or not besieged;

周囲を囲む城壁の有無に関わらず、町、都市または城、

7-49:

all ancient dwellings, gardens, fields, pastures, orchards;

すべての古代の住居、庭、畑、牧草地、果樹

7-50:

the quality and nature of the grounds one purchaseth, whether vineyards, cornfield, &c., whether the ground be woody, stony or
barren.

購入する土地がトウモロコシ畑なのかブドウ園なのか、それともそうでないのか等の土地の質や、樹木が多いのか石ころだらけなのか不毛なのか、それともそうでないのかといった土地の自然

7-51:

The sign of the fourth denoteth the town, the lord thereof, the governor.

4室のサインは町や君主、知事といったものをしめします。

7-52:

It ruleth the breast, lungs.

4室は胸、肺を支配します。

7-53:

Of colours, the red:

色としては赤です。

7-54:

Its cosignificator is Cancer, and of planets the Sun;

4室は巨蟹宮と太陽で象徴されます。

7-55:

we call it the Angle of the Earth, or Immum Coeli;

私達は4室を地の軸、またはImmum Coeli(天底)と呼びます;

7-56:

it is feminine, and the North Angle:

4室は女性格で、北のアングルです。

7-57:

In Nativities or Questions, this fourth house represents fathers, so doth the Sun by day and Saturn by night; yet if the Sun be herein placed, he is not ill, but rather shows the father to be of a noble disposition, &c.

出生の占いもしくは問いに対しての占いでは、この4室は父親をあらわします。昼のチャートでは太陽が、夜のチャートでは土星が、それぞれ父親をあらわしますが、もし太陽が4室にある(夜のチャートでも)太陽の状態が悪くないなら、父親は高貴といっていい地位にあることがしめされています。

The Fifth House.

5室

7-59:

By this house we judge of children, of embassadors, of the state of a woman with child, of banquets, of ale-houses, taverns, plays, messengers or agents for republics;

5室を使って、子供、大使、妊娠中の女性の状態、宴会、ビアホール、居酒屋、劇・演奏・遊びを、あるいは共和国の広報官、代理人についての判断をします。

7-60:

of the wealth of the father, the ammunition of a town besieged;

また父親の財産を、そして城壁で囲まれた都市の弾薬についての判断をします。

7-61:

if the woman with child shall bring forth man or woman;

もし妊娠中の女性が男の子または女の子を生むなら、

7-62:

of the health or sickness of his son or daughter that asks the Question.

子供のまたは質問者の息子か娘の健康または病気を判断します。

7-63:

It ruleth the stomach, liver, heart, sides and back, and is masculine.

5室は、人体の胃、肝臓、心臓、側面、および背面を支配し、男性格です。

7-64:

Of colours, black and white, or honey-colour, and is a succeedent house.

色については、黒と白、またはハチミツ色と判断します。5室はサクシーデントです。

7-65:

Its cosignificators are Leo and Venus, who doth joy in this house in regard it's the house of pleasure, delight and merriment;

5室は獅子宮と金星で象徴されます。金星はこの5室のJoyで金星が5室にあることは、楽しみ、喜び、陽気さをあらわしています。

7-66:

it's wholly unfortunate by Mars or Saturn, and they therein show disobedient children and untoward.

5室は火星や土星によって全く悪い運勢となり、火星や土星が5室にあることは手に負えない反抗的な子供をしめします。

The Sixth House.

6室

7-68:

It concerneth men and maid-servants, galley slaves, hogs, sheep, goats, hares, conies, all manner of lesser cattle, and profit or loss got thereby;

6室は、召使と女中、召使としての料理人、豚、羊、ヤギ、野ウサギ、ウサギ、より小さい家畜の気質、などに関係し、それらがもたらす利益や損失にも関係しています。

7-69:

sickness, its quality and cause, principal humour offending, curable or not curable, whether the disease be short or long;

さらには病気に関係していて、その種類、原因、人体を傷つけること、治療可能か、または治療可能でないこと、長期にわたって闘病するのか短期ですむのかをしめします。

7-70:

day-labourers, tenants, farmers, shepherds, hogherds, neatherds,warreners;

6室は日雇い労働者、テナント、農夫、羊飼い、豚飼い?、牛飼い、兎飼いに関係しています。

7-71:

and it signifieth uncles, or the father's brothers and sisters.

そして、6室は叔父または父の兄弟姉妹を意味しています。

7-72:

It ruleth the inferior part of the belly, and intestines even to the arse:

6室は下腹部、腸から尻までを支配します。

7-73:

this house is a feminine and cadent house, unfortunate, as having no aspect to the Ascendant.

この6室は女性格でケーデントです。不運なことに上昇宮と座相を持ちません。

7-74:

Of colours, black colour.

関係する色は黒です。

7-75:

Mars rejoyceth in this house, but his cosignificator is of the Signs Virgo, of planets Mercury;

火星はこの室で再度JOYとなりますが、6室は処女宮と水星で象徴されます。

7-76:

we usually find that Mars and Venus in conjunction in this house, are arguments of a good Physician.

私達は、この6室で火星と金星が合していると、通常よい医師であると見ます。

The Seventh House.

7室

7-78:

It giveth judgement of marriage, and describes the person inquired after, whether it be man or woman;

7室は質問者の男女や未婚、既婚に関わらず結婚についての判断を与えます。

7-79:

all manner of love questions, our public enemies; the defendant in a law-suit, in war the opposing party; all quarrels, duels, law-suits; in Astrology the artist himself; in physic the physician; thieves and thefts; the person stealing, whether man or woman; wives, sweethearts; their shape, description, condition, nobly or ignobly born.

他には、全ての愛情問題、公衆の敵、訴訟での被告、戦争における反戦派、口論、決闘、訴訟、占星術における占星術師自身、投薬における医師、男女の別なくまた実際に盗んだかどうかとは無関係に泥棒と窃盗、妻、恋人、そして妻や恋人の顔かたち、人となり、状況、生まれが高貴なのか下賎なのかといったことについての判断に使用します。

7-80:

In an annual ingress whether war or peace may be expected: of victory, who over-comes, and who worsted; fugitives or run-aways; banished and out-lawed men.

その年の春分図における7室は、戦争か平和なのかに関わらず、戦争に勝利するのか、誰が乗り込んでくるのか、亡命、逃亡、消滅、国外から起こす訴訟といった事態に陥る最悪の誰かを表します。

7-81:

It hath cosignificator Libra and Moon, Saturn or Mars unfortunate herein show ill in marriage.

7室は天秤宮と月で象徴され、土星と火星が7室に入室することは結婚において良くない意味を持ちます。

7-82:

Of colour, a dark black colour.

7室のあらわす色は、暗黒です。

7-83:

It ruleth the haunches, and the navel to the buttocks; and is called the Angle of the West; and is masculine.

7室は臀部、へそからお尻までを支配します。7室は男性格です。7室は西のアンギルと呼ばれていて、男性格です。

The Eighth House.

8室

7-85:

The estate of men deceased, death, its quality and nature; the wills, legacies and testaments of men deceased; dowry of the wife, portion of the maid, whether much or little, easy to be obtained or with difficulty.

8室では死亡したか死んだ人の地所、その地所の自然、死んだ人の遺志、遺産、遺言を見ます。他には妻の才能(おそらくは財産と訳すべき)や(遺産の)女中の取り分の多寡、入手が簡単か困難か等を見ます。

7-86:

In duels it represents the adversary's second; in lawsuits the defendant's friends.

決闘において、8室は相手の介添え人を表しています。他には訴訟における被告の友人を表します。

7-87:

What kind of death a man shall die. It signifies fear and anguish of mind. Who shall enjoy or be heir to the deceased.

それ以外に人の死の状況を表します。そして精神的な恐怖と苦痛も表します。(遺産を受け継ぐことで)喜ぶであろう相続人も表します。

7-88:

It rules the privy-parts.

8室はプライベートな部分を支配します。

7-89:

Of colours, the green and black.

色についていうと、緑色と黒です。

7-90:

Of signs it hath Scorpio for cosignificator, and Saturn, the haemorrhoids, the stone, strangury, poisons, and bladder are ruled by this house; and [it] is a succeedent house, and feminine.

8室は天蝎宮と土星で象徴されます。痔疾、結石による疾患、排尿時の痛み?(デボラ・ホールディングの注釈による)、毒、膀胱は8室が支配しており、8室はサクシーデントで女性格です。

The Ninth House.

9室

7-92:

By this house we give judgement of voyages or long journeys beyond seas;

9室から、航海または海を渡る長い旅について判断します。

7-93:

of religious men, or clergy of any kind, whether bishops or inferior ministers;

また、その位階に関わらず宗教人についての判断も行います。

7-94:

dreams, visions, foreign countries; of books, learning, church livings, or benefices, advowsons;

他には夢、幻視、外国、本、学習、教会生活、または寺に与えられた禄、聖職授与権についても判断します。

7-95:

of the kindred of one's wife, & sic e contrario.

(デボラ・ホールディングの注釈によれば)(妻を表す7室から3番目の室であり、その配置から)逆に、妻の親類関係を判断します。

7-96:

Of colours it hath the green and white.

色でいえば、緑色と白です。

7-97:

Of man's body it ruleth the fundament, the hips and thighs.

人体では、お尻、腰周りと太腿を支配します。

7-98:

Sagittarius and Jupiter are cosignificators of this house;

9室は人馬宮と木星で象徴されます。

7-99:

for if Jupiter be herein placed it naturally signifies a devout man in his religion, or one modestly given;

なので木星がこの9室にあることは、普通は信心深い人や謙虚な人であることを表しています。

7-100:

I have oft observed when the Dragon's Tail, or Mars or Saturn have been unfortunately placed in this house; the Querent hath either been little better than an atheist or a desperate sectarist:

不運にもドラゴン・テール、火星、土星がこの9室にあると、質問者は無神論者や極端なセクト主義者より少しましな程度でしかないということが、しばしば観察されました。

7-101:

The Sun rejoyceth to be in this house, which is masculine, and cadent.

この9室は男性格で、ケーデント、そして太陽が再度JOYとなります。

The Tenth House.

10室

7-103:

Commonly it personifies kings, princes, dukes, earls, judges, prime officers, commanders in chief, whether in armies or towns;

一般的に10室は具体的に王、王子、公爵、伯爵、裁判官、首長、都市か軍隊かに関わらず最高司令官を表します。

7-104:

all sorts of magistracy and officers in authority;

すべての種類の長官、権威のある士官、

7-105:

mothers, honour, preferment, dignity, office, lawyers;

母親、名誉、昇進、威厳、オフィス、弁護士、

7-106:

the profession or trade any one useth;

人が使うものの取引、または取引をする職業、等を表します。

7-107:

it signifies kingdoms, empires, dukedoms, counties.

また10室は、王国、帝国、公国、郡を意味しています。

7-108:

It hath of colours red and white, and ruleth the knees and hams.

色でいうと赤と白を色で、膝と太ももを支配します。

7-109:

Its called the Medium coeli or Midheaven, and is feminine.

10室は Medium coeli(天頂)または Midheaven と呼ばれていて、女性格です。

7-110:

Its cosignificators are Capricorn and Mars;

10室は磨羯宮と火星で象徴されます。

7-111:

either Jupiter or the Sun do much fortunate this house when they are posited therein,

木星か太陽が10室にある場合は、この室に大きな幸運をもたらします。

7-112:

Saturn or South Node usually deny honour, as to persons of quality, or but little esteem in the world to a vulgar person, not much joy in his profession, trade or mystery, if a mechanic.

10室に土星またはドラゴン・テールがあると、通常は名誉を否定することになりますが、それは高貴な身分の場合です。庶民であれば世間から評価されないことですし、職人であれば自分の仕事に喜びを見出せないということになります。

The Eleventh House.

11室

7-114:

It doth naturally represent friends and friendship, hope, trust, confidence, the praise or dispraise of any one;

11室は、友人、親交、希望、信頼、信用、他者からの賞賛または非難を表しています。

7-115:

the fidelity or falseness of friends;

友人の忠実さ、または間違いも表しています。

7-116:

as to kings it personates their favourites, councillors, servants, their associates or allies, their money, exchequer or treasure;

王についていうと、11室は王のお気に入り、評議員、召使、王の仲間または同盟国、王のお金、国庫または宝物を表します。

7-117:

in war their ammunition and soldiery;

戦争についていうと、11室は弾薬と軍人を表します。

7-118:

it represents courtiers, &c., in a Common-wealth governed by a few of the nobles and commons, it personates their assistance in council:

11室は廷臣その他を表し、貴族と少数の民衆より制御された社会的富についていうと11室は議会による補助を表します。

7-119:

as in London the tenth house represents the lords Major; the eleventh the Common-council; the Ascendant the generality of the commoners of the said city.

ロンドンについていうと、10室が国王を表しているので、11室は議会を表し、上昇宮はその都市の民衆を表します。

7-120:

Of members it ruleth the legs to the ankles. Of colours, it ruleth the saffron or yellow.

人体でいうと11室は足首を支配します。色でいうと11室はサフラン色または黄色を支配します。

7-121:

It hath of the signs Aquarius, and Sun of the planets, for cosignificators;

11室は宝瓶宮と太陽で象徴されます。

7-122:

Jupiter doth especially rejoice in this house;

木星は11室でJOYとなります。

7-123:

it's a succeedent house, and masculine, and in virtue is equivalent either to the seventh or fourth houses.

11室はサクシーデントで、男性格であり、美徳では11室は7室、4室と等しい。

The Twelfth House.

12室

7-125:

It hath signification of private enemies, of witches, great cattle - as horses, oxen, elephants, &c.; sorrow, tribulation, imprisonments, all manner of affliction, self-undoing, &c.,

12室は、私的な敵、魔女、馬、雄牛、ゾウ、その他の大型家畜、悲しみ、苦難、投獄、全ての苦悩、人生をの取り消し等を象意に持ちます。

7-126:

and of such men as maliciously undermine their neighbours, or inform secretly against them.

そして12室は隣人を意地悪に徐々に蝕むような人、また隣人を密告する人を表しています。

7-127:

It hath cosignificators Pisces and Venus;

12室は双魚宮と金星で象徴されます。

7-128:

Saturn doth much joy in that house, for naturally Saturn is author of mischief;

土星はこの12室のJOYです。それで土星はイタズラの作者となります。

7-129:

and it ruleth in man's body the feet.

12室は人体では足を支配します。

7-130:

In colour it presents the green.

色でいうと緑です。

7-131:

It's a cadent house, feminine, and vulgarly sometimes called cataphora, as all cadent houses may be.

12室はケーデントで女性格です。ケーデントの室がそう呼ばれるように、12室も時々俗な呼び方で「既に昇ってしまった室」(cataphora)と呼ばれることがあります。

7-132:

This is the true character of the several houses according to the Ptolomeian doctrine, and the experience [I] myself have had for some years:

これが(テトラビブロスに記された)プトレマイオスの教義と私自身による数年かけての実験による、幾つかの室(house)についての正しい特性です。

7-133:

I must confess the Arabians have made several other divisions of the houses,

私はここで、アラブ人が幾つかの異なるハウス分割法を作り出したということを告白しないわけにはいきません。

7-134:

but I could never in my practice find any verity in them, wherefore I say nothing of them.

しかしながら、異なるハウス分割法で私が説明することがなかったものは私の実占において全く使用する必要はありませんでした。


あなたの名前: