0123456789@
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ





編集 | 差分 | 新規作成 | RSS | 更新履歴 | FrontPage | WikiTop | ホーム |


RSS

目次

'RSS'は更新情報の標準フォーマット

RSSとatom

RSSはWWWInterLinkサイトの更新情報(最近追加変更されたページの情報)を表示するのに使用されているXMLInterLink形式の標準フォーマットである。

最近はこの他に同様の機能を持つもので atom と呼ばれるものも普及している。

RSSやatomはRSSリーダーと呼ばれるソフトで読むことができるので、WWWサイトがRSS形式で更新情報を公開していれば、そのソフトを使用している人たちに「新しい更新が入った」ということを知らせることができ、サイトの宣伝に役立つ。RSSはブログWiKiなどでは多くの場合、自動的に作られるようになっている。

RSSのサンプルを見たい人はこのページの一番上のラインにあるRSSという所を押すと良い。

RSSの規格

RSSの規格として、現在使用されているのは主として次の2系統の仕様である。

  • RSS1.0 (Rich Site Summary)
  • RSS2.0 (Really Simple Syndication)

両者はほとんど別物ともいうべき規格なので注意が必要である。
2.0は1.0を包括する規格ではない。

元々0.9という規格があったのだが、大改訂した0.91という規格が作られた。
その後1.0という規格が作られた時に0.9の機能を復活させた。
一方の0.91はその後 0.92 0.93 0.94 と発展し続けてやがて 2.0という規格にまとめられた。

つまり 元の0.9系統の者がその後の1.0で、元の0.91系統のものがその後の2.0である。

なおRSSが何の略かについて

  • RSS1.0は RDF Site Summary
  • RSS2.0は Really Simple Syndication
  • としている。

日本のブログサービスでは多くのサイトが1.0のRSSをサポートしている。

なおatomはこれらとはまた別系統の規格である。ブログサービスによっては、これらの複数の規格を並列フィードしているものもある。


【コメント】
あなたの名前: